本文へスキップ

タイ・バンコク観光を個人旅行で2倍楽しむ為のガイドサイト

サイトについての問合せ・質問はコチラ

〒343-0806 埼玉県越谷市宮本町4-51-4 
KATEのバンコクガイド

その他旅の情報(現地オプショナルツアー)detail

参加した現地オプショナルツアー

旅行の参考に参加したオプショナルツアーをご紹介。申し込みは、VELTRA(ベルトラ)で事前予約、宿泊ホテルのツアーデスクでしています。

          ★その他旅の情報に戻る

写真

バンコク

  • バンコク市内半日観光ツアー
王宮

現地ツアー会社「ウェンディーツアー」の三大寺院を巡るバンコク半日市内観光ツアー。昼食付、午前・午後からのツアーと選べます。この時のガイドは、日本語がペラペラでした。(VELTARで事前予約)




 07:15  指定ホテルでピックアップ 出発
  【ワット・アルン(暁の寺)】
チャオプラヤ川沿いにそびえ建つ大仏塔。仏塔には陶器の欠片で色々装飾が施されています。チャオプラヤー川の対岸に王宮やワット・ポーを臨む美しい景色を見ることができます。
  【ワット・ポー】
寝釈迦仏とタイマッサージの総本山として有名です。仏様の後ろ壁面に108つの鉢があり、サタン硬貨を喜捨すると煩悩を一つずつ捨てられると信じられています。
  【ワット・プラケオ(エメラルド寺院】
王宮内にある王室の守護寺院。本堂にエメラルド色の仏像を祀っていることからエメラルド寺院とも呼ばれています。タイで最高の地位と格式を誇る王室寺院として多くの参拝者や旅行客が毎日訪れます。
  【王宮】
白壁に囲まれた20万uの敷地内にエメラルド寺院と隣り合って建てられています。王宮はタイ国内の数ある宮殿の中でも最も権威のあるもので、今も王室の重要な祭典などに使われています。
 12:30  ツアー指定の場所で解散

プーケット

  • ピピ島1日観光ツアー
ピピドン島

レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』の舞台となったピピレイ島をめぐり、ピピドン島での2時間ほどのフリータイムがあるツアー。ランチバイキングとシュノーケリングが付いています。この時のガイドは、H.I.S.の人で日本語がペラペラでした。(VELTARで事前予約)



 07:15  ホテル出発
 08:30 【プーケット・ラッサダ港】出発
大型フェリーでピピドン島に向かい、一旦ツアー客以外の利用者をトンサイベイに降ろしてから、ピピレイ島を船から観光。シュノーケリング・ポイントで30分程遊泳可能。
 12:30 【ピピドン島・トンサイベイ】到着  昼食・フリータイム
ピピドン島は、岩石の山のようなものが東西に二つあり、その間を砂が生めて島の平地部分を形成しています。この平地部分は、人の居住地となっており、観光客の宿泊施設などもここにあります。
 14:30 【ピピドン島・トンサイベイ】出発
 16:00 【プーケット・ラッサダ港】到着
 17:30  ホテル到着

サムイ島

  • 島内観光ツアー
ワット・クナラム

サムイ島内の観光名所を半日で巡る観光ツアー。観光案内は英語。
(ホテルのツアーデスクで申し込み)





 09:00  ホテル出発
  【アイランド・サファリ】
象の背中に乗ってブッシュを散歩するエレファント・トレッキングや象の曲芸、サルのショーなどを手軽に楽しめる施設です。
  【ワット・プラヤイ(ビッグブッタ)】
サムイと陸続きになっているファン島にあるビッグ・ブッダは島内でも有数の観光地です。
寺院にまつられている黄金のビッグ・ブッダは、高さが12mで穏やかな表情をしています。
仏像まで階段を上がるとパンガン島まで見渡せるほど抜群の眺望です。
  【ワット・プライ・レーム】
ビッグブッダ・ビーチにある比較的新しい寺院で、薄いピンク色をした巨大な千手観音像とえびす様が境内に鎮座しています。寺院は、水面に浮かぶように立っています。
  【ラッド・コー】
チャウエンビーチからラマイビーチを一望できるビューポイントです。
チャウエン南からラマイ方面に向かう峠の坂道沿いにあります。
サムイ島の遊歩道のある海浜公園で、遊歩道は崖下の岩場まで続いています。
  【ヒンター・ヒンヤイ】
巨大な奇岩がゴロゴロしている中におじいさん岩(ヒンター)とおばあさん岩(ヒンヤイ)と名付けられた2つの岩があります。「老夫婦の乗っていた船が転覆し、海辺に打ち上げられた二人の体が岩の形を作り出した」という伝説もあるそうです。
  【ワット・クナラム】
ワット・クナラムは、サムイ島で最も有名な僧の即身仏(ミイラ)が安置されています。
ルアン・ポー・デーン僧の遺体は、特製のガラス張りケースの中に見ることができます。
彼は、瞑想姿勢のまま1973年79歳でお亡くなりになり、遺言によりこのような形になったそうです。
  【ナ・ムアンの滝】
ナ・ムアンの滝は、第1と第2があり、第2の滝は島内随一の美しさとの事ですが、参加したツアーでは第1の滝を回りました。滝から緩やかに流れ落ちる滝壷(規模は小さい)では、プール代わりに泳ぐこともできます。
 14:00  ホテル到着


■当サイトで直接ご提供できない情報(航空券の予約・ホテル予約・ツアー申込)は、管理人オススメサイトとしてご紹介しています。使いやすく豊富な情報サイトを網羅させていただいておりますので、航空券・ホテル・ツアー等の検索・予約・申し込みの際には、こちらのサイトをご利用してください。










世界遺産

絵夢座さんの世界遺産旅行記

タイと言う国の魅力とは?

このサイトを見れば、
あなたもタイの魅力が分かります!

タイ王国.com